はじめまして🍀
ハッピー相談室AZ(アズ)の大和と申します。


グリーフケアの重要性について日々感じていることを
今日はお話したいと思います。


まずグリーフケアとは
”喪失体験をケア(寄り添う、サポート)する”
ということです。


世界的に新型コロナウィルス感染症の大流行や
自然災害やテロ。
個人においては愛する人(家族、友人、ペット)との
死別や離別、また自身の病気や仕事を失った方などの
苦しみや悲しみに寄り添い共感して
共に歩んでいくことができるようにケアしていくことが
グリーフケアです。


ご自身が喪失の体験をされた方はもちろん
その方のご家族や友人の方々にも
グリーフケアへの理解を深めていただくことが、
回復の手助けになります。


死別から立ち直る期間として統計で
2~3年ほどと言われたりもしますが
あくまで平均的なものなので
もう少し短い方もいれば、
もっと長い方もいらっしゃるので
だいぶ個人差があります。
焦らない、焦らさないことが大切です!


知っておいてほしい事として
喪失を経験した方に焦らすこともその1つですが
他にもしてはいけないことがあります。
〇安易な励まし
〇無責任な助言
〇勝手な解釈
〇根拠のない補償 です。


「もっと頑張ろう」「時間が解決するよ」
「誰だってそんなことあるよ」「きっと大丈夫」
「いつまでも悲しんでたら亡くなった方も悲しいよ」
というようなことです。


励ますつもりで良かれと思って言ってしまうことが
あるかもしれませんが、
それを聞いて「やっぱり誰にもわかってもらえない」と
殻に閉じこもってしまうことも考えられますので
聞いてあげることが大切です。



喪失を経験した方は
たくさん涙を流して悲しんでおくことが大切です。
我慢すると回復が遅くなってしまう傾向にあります。



人を理解することは難しいですが
理解しようとする心、思いやりをもって接すること、
その人の立場に立って共感することで
共に歩んでいけるのではないでしょうか。




グリーフケアは誰もが学ぶことで
役立てることができると思いますので
これから少しずつ発信していければと思います^^



 

グリーフケアの重要性について